無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

決意
勇斗
勇斗
なんでたよ!
なんで…(涙涙)
勇斗…
勇斗はずっと右手と右足を叩いた。
やめて…
私は勇斗の手を握りしめた。
やめてよ…勇斗
勇斗
勇斗
(涙涙涙涙)
瑞生
瑞生
俺、先生呼んでくる
瑞生が出ていった。
私は勇斗を抱きしめた。
大丈夫だから!
勇斗
勇斗
あなた…
(|・ω・)|ガラガラ
医者
勇斗君?どうした?
勇斗
手が…
医者
ちょっと処置室に移ろうか
勇斗
勇斗
はい
そのまま勇斗は車椅子に乗せられ処置室へ向かった。
勇斗
大丈夫かな
瑞生
瑞生
あなた
お前よくあんな冷静でいられんな
えっ!
瑞生
瑞生
勇斗
あんな状況なのに
だって私決めたの
前まで勇斗に助けてもらってばっかりだったから、今度は私が勇斗を助ける番だって
瑞生
瑞生
ふーん
(|・ω・)|ガラガラ
勇斗
勇斗
まだ居たの?
まだって…
勇斗
勇斗
帰ってよかったのに
瑞生
瑞生
じゃー帰るか?
うん
そうだね
じゃーまたね!
勇斗
勇斗
おう!
じゃあな