無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

私は宝石 Part 2
水島 華南
水島 華南
おはよう!
仲道 麗華
仲道 麗華
おはよう
宝石のように、静かにしないと…
水島 華南
水島 華南
元気ない?
仲道 麗華
仲道 麗華
…ちょっとね
一応、昨日のことで、思いつめている顔をする



友達思いって思ってくれるかな
水島 華南
水島 華南
…昨日のこと?
仲道 麗華
仲道 麗華
まぁ
ガラガラ




あ、桃香じゃん
半田 桃香
半田 桃香
………
あいさつ、ないんだ
へぇ、





調子乗ってるのかな
水島 華南
水島 華南
も、桃香!


おはよう
半田 桃香
半田 桃香
……おはよう(ボソッ
華南もほっとけばいいのに
そう思いながら、私も読書
だってさ、





最初は、桃香どうしたんだろう、って思ってたよ









でもさ、あまりにも話さないんだもん









アイツに話しかけてるこっちが馬鹿みたいじゃん










私さ、









すぐに、悲しみが、

























憎しみに変わるんだ
















華南もそこまで好きじゃなかったし










まぁ、言うこと聞いてくれるくらい









これやっといて!って言ったらしてくれる感じ








言っちゃ悪いけど










ただの奴隷みたいなもんだから










別に新しい友達見つけたらいいじゃん












私は宝石だから










すぐに友達が来るんだ










きっと














































この時は、まだ戻せたのかもしれない










笑いあっていた











あの頃に