第80話

示唆、明示、目論見
886
2023/03/29 14:08
つーか好きってのも……





結果論に落ち着けたっていーんじゃねーかなあ。










仙 道
(…教えてやんなくていーか、これは)







ヒントあげすぎてもな、俺にメリットあるか?

何も自分から敵に塩送ることねーよな。





てな結論に至って、得意技ではぐらかした。

まー彼女は可愛いので、
多めに塩送っちまった感は否めない。
























 流 川
あなたとどーなってんだ、おまえ








ここらで終いにしよーぜ、と掛けた言葉に

流川はストリートコートのベンチに腰かけた。







で、次がこれ。


こいつが「仙道」以外を呼んだことに
びっくりしちまって、一瞬思考が鈍った。








仙 道
…おめーに言わなきゃなんねーこと?
 流 川
……会ってんのか
仙 道
ああ、会ってるけど
仙 道
それがどしたよ?







ポカリを渡してやると遠慮なく受け取る。

奴の目がまだギラついて本気で、
今はバスケしてねーはずだけど、と俺は笑った。






 流 川
…なんでだ
仙 道
なんでって言われてもなあ…







お前のがよっぽど優位にいるはずだろ?

電車乗る距離にいるんだぜ、俺は。





不機嫌になると唇がとんがるのは奴の癖なのか

俺はほぼほぼこれか、真顔くらいしか見ない。





今もとんがる唇に

からかってやろうと気が浮いたときだ。







 流 川
気に入らねー…







幼稚な発言にぶっと噴いちまう。

ポカリでむせそうになった喉を落ち着かした。






気に入らねーって、お前が言うこと?

まぁこーなる気はしてたんだよな、前から。







仙 道
…可愛いよな、あなたちゃん
俺ん中すっぽり収まっちゃうし







からかい半分、牽制半分でこぼしてみる。



みるみるうちに険しく寄る眉に、

流川の気持ちが手に取るようにわかった。






仙 道
ははっ、んなこえー顔すんなよ







目は口ほどに物を言うらしい。

当たってる、こいつを見ると思わせられる。

そのくせ視野が狭いっつー弱点もある。







もーちょい煽って引き出してみるかな。








仙 道
まー…おめーには門外漢か?
 流 川
…なにがだよ
仙 道
好きな子と会うのに理由はいらねーよな
 流 川
………





流川が口を開きかけた瞬間、

視界の隅でフェンスが揺れた。




見覚えのない顔が黙ってこっちを見ている。





仙 道
………連れか?流川






奴は俺を睨んで軽く口を結んでから

さっさと腰を上げて鞄を引ったくった。




そのまま、知らない女子と帰ろうとする男を

待て待て、と肩を掴んで止める。






仙 道
どーいう理由であの子と帰んの?
 流 川
…てめーに関係あるか
仙 道
……ねーなあ…
仙 道
…じゃ、よろしく言っといて
女の子は送ってやれよ?








掴んだ肩をぽんと放ってにんまり手を振る。





誰に、なんか言わなくていい。

今のあいつには1人しか浮かばない。





流川は言わねーだろう、もしくは言えねーか。

これは勘。

でも、俺の勘はなかなか当たる。


















仙 道
お前なにしたよ?







予定があったからあなたちゃんは早めに送った。




靴紐を調整する頭に呆れ声を落とすと

手を止めた流川が顔を上げる。心当たりあんだな。






仙 道
俺の好きな子に傷つくんなよー
 流 川
………また会ったのかよ
仙 道
はは、そこ気にすんのな






野良猫らしいな、じゅーぶん支配されてるぜ。





仙 道
お前もーちょいやり方考えねえと
猫は気まぐれさんだろ?








俺は彼女が自分のものになればいいと思っている。


思ってはいるが、負けず嫌いの子どもみてーに
勝負しろ勝負しろといじらしく
追ってくる他校の後輩も可愛がってるつもり。







 流 川
猫の話してねえよ、うるせーな
仙 道
頼んだ伝言どーなった?
 流 川
………
仙 道
あぁ、やっぱ言えてねーか
 流 川
なにがやっぱだ
仙 道
おめーにはわかりっこねーだろな








くるくると指の上でボールを転がす。




そっち側はややこしくなってるらしい。

一直線の男が一線引いてんのは新鮮だったが

無理もねーな、と俺は1人で納得した。





考えなしの男に任せておくには

あのお嬢さんは手に余る。







仙 道
…なあ流川
 流 川
………
仙 道
あんま遠回りしてっと俺がもらうぜ?
 流 川
…なんの話してんだてめー
仙 道
考えろって






本気を出されたら正直なとこ、分が悪い。

答えをやる義理もねえしさ。





お前がヘマしたその足元を掬うのも、ありだな。





選ぶ時に選ぶべき手段を取ればいいんだ。

勝てるなら、俺はそこらへん躊躇はしねーよ。


プリ小説オーディオドラマ