無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

お席争奪戦
あなた

……え

 助けて……誰か……助けて……。
 夜ご飯を食べようって言ってるのに席順で目の前で先輩二人が喧嘩してます……。
無一郎
だぁかぁ~らぁっ!
僕はあなたの隣に座るの!
有一郎
だーめーだっ!!
お前は下心丸出しだっつーの!
あなた

ねぇ!喧嘩はやめてよ……

 ダイニングテーブルは長方形で4人用。3人だから1:2で座ることになる。それで私の隣を争っているらしい……。
無一郎
あなた!
これは大事な問題なんだ!
あなた

いや……そう言われても……

 わたしにとってはどうでもいいんだよねぇ……
有一郎
しつこいな!
無一郎の無は無口の無でいいのに!
無一郎
うるさいやい!
無一郎の「む」は
むっちゃかっこいいの「む」なんだぞ!
あなた

……あはは

無一郎
もう!兄さんがしつこいから!
かくなるうえは…………!!!!
.























.
あなた

……おままごとみたいだね…

無一郎
たまにはこーゆーのもよくない??
有一郎
馬鹿馬鹿しい……
 レジャーシートを敷いて遠足風になりました☆
……って!なりました☆じゃないよ!!!なにこれ!
無一郎
そうだ!
おままごとしながら食べようよ!
あなた

別に……いいよ

 でも泊めてもらっている立場だし、できるだけ答えなきゃね!
無一郎
兄さん、今日のご飯はオムライスね!
有一郎
えぇ!!いいけど……
あなた

わぁー!有一郎くんがつくるんだ!
イクメンってやつだ!

無一郎
たまには僕もつくるんだよ!
あなた

本当!?
みんなすごいなぁー

無一郎
おままごとの設定はこうね?
 そういいながら、むいくんはメモを私に渡した。