無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

0612
利奈side
 時透先輩が言っていた0612…………。
どうして、この人はこんな簡単な数字に気づくことができないのかしら。
 LINE通話を切ってから、0612についてずっと考えてる。
 0612はとても簡単な数字。
あなたの誕生日、6月12日のことで間違いなさそう!
(第5話又は第7話にて記載)
 でも、どうして有一郎の方の時透先輩があなたの誕生日をパスワードに?
あなた
それでね有一郎くんったらピアノの……
あなた
有一郎くんってば本当に面白いし……
あなたの有一郎くんって『くん』で呼んでいることも不思議だわ。
もしかしてできてる?!カップル?!
ううん。そんなこと無い。(落ち着け私)
あなたはできたら私にすぐ報告してくれるはず。
でも…………
.









.











.





.
有一郎の方の時透先輩あなたことが好きだとしたら……?