無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

作戦実行!
利奈
明日の昼休み、
相談部の部室で
お昼ごはん、一緒にたべない?
 昼休みが終わって5時限目、理科。実験を行っているときに利奈が言いにきた。
 いつもなら屋上でぽかぽかと太陽の光を浴びながら食べるのに。珍しい。そう思いながら
あなた

おっけ!わかった。

と答えた。
「次の日」
利奈
あ、そうそう。
言っとくの忘れたんだけど1人部員がいるの。
一緒に食べることになるんだけどいい?
あなた

別におっけーだけど。

あなた

そうかも~。元華道部の部室だよね?

無一郎
そ、そうだよ。弟の方だけど。
カラカラカラ……
 お昼休みになりごちゃごちゃ話ながら四階に上がり利奈の部室へ行った。
利奈
あなた、部室に入るのはじめてじゃない?
 扉の向こうでソファーにちょこんと腰かけていたのは時透……先輩……だっけ?
あなた

時透先輩……ですよね?

利奈
そうそう!
 時透先輩が部員?!
無一郎
あ、こ、こんにちは……
利奈
紹介するね!あなた。
部員の時透無一郎先輩。
あなた

……知ってる。

 私は有一郎先輩の方とは同じ部活。
吹奏楽部なんだ。
作者
作者
そーゆー設定でお願いします……!