無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

校則違犯者はだーれ?
 放課後、例のブローチ事件のことで相談部部室に集まった。集まったのは私、利奈、竈門先輩、竈門先輩の妹の禰豆子先輩、我妻先輩、加藤先輩、明塚先輩、の8人。狭い部室だからぎゅうぎゅう詰めだ。
アリサ
なによ。放課後に呼び出して。
私にはバレエの稽古があるんだけど。
 あなたたちが嘘をついてるからこうなっているんだけどねぇ。
善逸
で?このキラキラしすぎて
あんまり可愛くない女の子、誰?
アリサ
?!?!
 女好きで有名な我妻先輩のこの一言……!!
加藤先輩、怒っちゃうよ。どうしよう。
アリサ
誰よこのタンポポ。
私の魅力に気づかないなんて
あわれな男。
あなた

や、やめましょうよ……!

善逸
えへぇ~。この子かわいいなぁ~。
君、なんて名前?
あなた

……あなたですよ。
風紀委員同じじゃないですか。

善逸
?!
風紀委員なの?!え?!
一緒じゃん!なかよくしよぉよ~
 ……駄目だ。この人。あぁ、ブローチ事件はいつになったら解決するんだろ。
炭治郎
善逸!ナンパはやめないか!
善逸
ナンパじゃない!
仲良くしようと思っただけ!!!
 あぁ、早く解決させようよ……。
 この校則違犯ブローチ誰のものなのか、はやくはっきりさせようよ……、ホント……。
善逸
それに、自分のことをかわいいって
思っていたり、
嘘をついてブローチを
自分のものにしようとしてる女なんて
ぜんっぜん!可愛くないから!
アリサ
?!?!
 え、今なんて?
利奈
もしかして、あなた……
アリサ
っ!嘘よ。タンポポ野郎の嘘つき!
炭治郎
さすが善逸!
確かにアリサからは
嘘をついている匂いがしたんだ。
アリサ
!!!?!
 加藤先輩は違ったんだ。嘘つきだったんだ。

 へぇー。
あなた

加藤先輩?
本当のことを話してくださいよ。

アリサ
……嘘よ。認めるわ。
そのブローチは…私のものでも
百合子のものでもないわ。
百合子
……。
百合子
アリサと私は共犯。
おじい様に怒られてしまうけどね。
 ……。なんだ、この人たち。
百合子
ほしかったの。ブローチが。
アリサ
そう、とってもほしかった。
 え、まって。私のトランペットの練習時間返してよ……あり得ないんですけど。
アリサ
じゃ、バイバイ。
 そういって二人は出ていった。
 え、待って。
あなた

私のトランペットの練習時間、
かえしてよおおぉお!!!!

禰豆子
むー、むーむ!
訳)あなたちゃんは優しいね
あなた

???

禰豆子
むーむ!むーむー!
訳)そりゃモテるわけだ!
  応援してるよ
あなた

……は、はい。

 ……え、禰豆子先輩……なんて言ったの??
(禰豆子の言葉は炭治郎しか解釈できません)
????
失礼します……。
 なんか誰か入ってきたんだけど。