無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

嘘も全てお見通し☆
無一郎side
 なんか、よくわかんないんだけど。
廊下を歩いてたら冨岡先生にブローチを取りに行くように頼まれて。
 今は冨岡先生にブローチを渡しにいくために炭治郎と一緒に職員室に向かっているんだけれど、もしかして、あなたさん……
無一郎side
めっちゃモテてるのかな。
炭治郎
?急にどうしたんだ?
無一郎side
あ、いや別に。
炭治郎
甘い匂いがするな
……え?
炭治郎
時透くんから、甘い匂いがする…
無一郎side
な、なにさ。急に!
炭治郎
好きな人でもできたのかい?
無一郎side
ち、違う……
炭治郎
これくらいの嘘はいいんだけど。
嘘を簡単につかないこと!わかった?
無一郎side
え?
炭治郎
俺はなんでもわかるから。
この鼻が全て教えてくれるんだ。
 炭治郎には嘘をつくことができない……。
 ぁあー。あなたさんが好きなことばれちゃうかな……。
無一郎side
それにあなたさんのことをあなたちゃんって呼ぶあの黄色い人はだれなんだ?
炭治郎
あー。あの人は我妻善逸。
無一郎side
?!?!?!
 え……
無一郎side
炭治郎は心の声までわかるの?!
えぇえ!!!!!まって!!!!
炭治郎
……え?
 ねぇええええええ!!!!困るよおぉ!
炭治郎
いいや。
声に出していたじゃないか。
……
無一郎side
え、本当?
炭治郎
うん
 もう!本当にびっくりしたんだけど!!
.
☆次回、冨岡先生のブローチに迫ります!