無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

いたずら
無一郎side
無一郎side
ただいま。
 家に帰ると誰もいなかった。兄さんは部活かな。
 久しぶりにいたずらしたい気分だから兄さんの部屋に侵入するかぁ!
↑無邪気なむいもかわいいね。
無一郎side
スマホ……
 勉強机には見覚えのあるデザインのカバーがつけられたスマホが置いてあった。
忘れて学校に行っちゃったのかな。兄さんにしては珍しいなぁ。
 スマホを開いてみる。
無一郎side
チェ!
パスワードがかかってやる!
 ふと視界に入った付箋。そこには0612と書かれていた。これかな?
無一郎side
0612っと!
 スマホのロックが解除された。へへっ!
無一郎side
日記アプリ?
 僕は兄さんのスマホのアプリ一覧に『かわいいハリネズミのプンちゃんダイアリー』というものがあった。
 ダイアリーは英語。diaryと書くんだって。これを日本語に直すと日記。
無一郎side
いたずらはこうでなくちゃっ!
 この日記。何が書いてるんだろ?