無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

気が合う人
あなたside
 今日も吹奏楽部…サボりが多かったなぁ。
 学校帰り。駅前の雑貨屋さん『和すだれ』に寄った。和すだれの店長の珠世さんは23才の超絶美人。いつも素敵な着物を着ているのに最近の流行りはよく分かってる。私の大好きなハリネズミのプンちゃんのグッズも私にならお安めに売ってくれる。憧れの美人だなぁ。
 今日発売のプンちゃんのミニタオルを珠世さんは
珠世
あなたちゃん、プンちゃんのミニタオル。仕入れておきましたよ。100円ね。
あなた

えぇ!
プンちゃんの公式Twitterでは600円って書いてたのに。

珠世
いいのいいの。
本当は100円もいらないもの。
無料であなたちゃんに差し出したいくらい
あなた

いやいや、和すだれ閉店しちゃいますよ。

珠世
あなたちゃんの努力、知ってるんだから。
あなた

…………

珠世
また、トランペット聞かせてね。
あなた

は、はい。

珠世
100円。
あなた

いえ、600円払います

珠世
100円
愈史朗
珠世様が100円と言っているんだ!
さっさと100円をだせ!
この、分からずやぁあ!!!!!
あなた

ひいぃー!
100円ですうう!!!

 こんな感じで100円で売ってくれた。定価600円なのに。愈史朗くんには勝てないよぉ。
 なんやかんやでプンちゃんのミニタオル、買えたんだし。写真撮って有一郎くんに送ろう!
 有一郎くんがプンちゃんを好きだと聞いたときはビックリした。今ではプンちゃん仲間だし、面白いし。本当に大切な存在。恋とかそんなじゃ無いんだけどね。
 駅直結タワーマンション52階2号室。
 私は家に帰るとわくわくしながら100円で買ったプンちゃんのミニタオルの写真を撮る。

Twitterでツイート!
『プンちゃんのミニタオル買ってきたぁ✨
本当にかわいいなぁ。
FFさんはもうてに入った(・・????』
プンちゃん仲間の有一郎くんにもLINEしておこう。
『プンちゃんのミニタオルゲットしましたぁ☆冬っぽいかなって思って赤のアーガイル柄にしたよぉ!』
 そういえば、無一郎先輩。
とってもソワソワしてたような。
でも、楽しかったなぁ。一緒にご飯食べれて。
あなた

無一郎先輩も有一郎くんみたく、
無一郎くんって呼べるかな。