無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

兄さんの褒め言葉
無一郎side
 昨日、僕はあなたさんに恋をしたことに気づいてしまった。
 自分の気持ちに気づいてなかった僕に驚いてしまった。
 恋ってこんな感じなんだ。
 高橋さんから聞いたことなんだけれど、人生初めての恋を初恋っていうらしい。
 人生初めてっておめでただよね。
 兄さんに自慢してみようかな。
 兄さんは褒めてくれるかな。成長した僕を。
 恋をするくらい大人に近づいた僕を。
無一郎side
兄さん!
 トイレから出てきた兄さんを呼んでみた。
有一郎
なんだよ。
無一郎side
僕ね!僕ね!
有一郎
お、おぉ。
無一郎side
恋しちゃったみたい
有一郎
……そうか。そうかぁ。ふーん。
 なんだい。その反応は。
有一郎
ちなみに誰に?
無一郎side
ふふふ。
有一郎
…………
無一郎side
1年生の常葉あなたさん
有一郎
…………!
 兄さんの表情が一変した。
なになに。どうしたの??
有一郎
そうか。無一郎も大人になったんだな。
無一郎side
えへへ
有一郎
あなたはね、
いい子だよ。応援してるよ。
無一郎side
何を?
有一郎
……無一郎の…恋が実ることを……。