プリ小説

第2話

- 2 -
-トミーside-

いつも通りの日常が始まる。
朝普通に起きて、飯食って、企画やって、編集して、投稿して…
いつも通りのはずなのに。
最近はなんか違う感じがする。
あなた

トミー

トミー
ん、なに?
あなた

かっこ良かったよ

あなたはいつもそう言ってくれる。
俺も内心嬉しいはずなのに…
なのに言いたい事とは違う事を口が勝手に言ってる。
トミー
あーはいはい

こんな冷たい態度、あなた嫌がるよな。
絶対嫌われるよな。
ごめんな、でも…


カンタの編集チェックし終わって下降りてったらキイチとあなたが話してる。
キイチとあなたって仲良いよな…
俺、幼馴染のはずなのにキイチよりもあなたと話してる回数少ない気ぃする。
トミー
何話してんの?
あなた

トミーってかっこいいよねって話

あなたはこんな俺にかっこいいって言ってくれる。
どんなに冷たい態度をとっても。
トミー
またそれか
でも俺はこんなことしか言えない。
だせぇ…
あなたみたいに思ってること言えたらな…
あなた

好きな人はかっこよく見えるんですー!

キイチ
ですー!
トミー
はい。編集してくるー
やべぇ。
なんかすげぇ照れてる。顔めっちゃ赤いし…
部屋に逃げれて来たからバレなかったけど…
あなた、"好きな人”って言ってたよな。
俺、あなたの事ただの幼馴染ってしか見れてなかったけど、この気持ちはそれとは違うよな。
これって多分、
俺もあなたの事…




"好き”なんだよな…?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まーる
まーる
·水溜りボンド🦊👹 ·Fischer's🐟 ·はじめしゃちょーの畑🌱 ·ラファオワ🤡🔥 外ハネさんと黄色いお魚さん推し 基本亀さん更新です🐢 +夜行性なんでそこんとこよろしくお願いします🙌🏻