無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

episode 6
あなた
あなた
え、、、
まっくろなひと
まっくろなひと
ゆっくりでいいんで
まっくろなひと
まっくろなひと
落ち着いたら
いつでも話して下さい



そう言って





隣に座り込む










まっくろなひと



それから





どれくらい経ったんだろう





でも何故か





怖いっていうより










安心感がある



まっくろなひと
まっくろなひと
そっか
まっくろなひと
まっくろなひと
そんなことがあったんですね
あなた
あなた
す、すいません、
あなた
あなた
ありがとうございます
まっくろなひと
まっくろなひと
こちらこそ
まっくろなひと
まっくろなひと
辛いと思うのに
ありがとうございます
あなた
あなた
そんな、
あなた
あなた
なんか、全然平気なんです
あなた
あなた
気持ちが楽になった、っていうか
まっくろなひと
まっくろなひと
良かったです
まっくろなひと
まっくろなひと
こんな僕で
少しでも楽になってくれて



久しぶりだな



こんなに人と










もっと話したいって思うなんて____