無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第67話

episode 66
次はコーヒーカップ






久しぶりに乗るから






ワクワクとドキドキが重なって






少し変な感じがする



ジョングク
ジョングク
次ですよ、!
あなた
あなた
ですね、!
ジョングク
ジョングク
ですね、!
あなた
あなた
真似しないでください!
ジョングク
ジョングク
嫌です!




おいまじかい





乗りました




待って






ちょんさんめっちゃ回すやん






可愛い



あなた
あなた
ぎゃあ"あ"あ"あ"あ"
ジョングク
ジョングク
ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ



終わった






色んな意味で



ジョングク
ジョングク
大丈夫ですか?ㅋ
あなた
あなた
ま、回しすぎですよ、
ジョングク
ジョングク
つい楽しくて、ㅋㅋ
ジョングク
ジョングク
そこで休みましょ




ベンチまで






私の手を繋いで






誘導してくれる






優しいな本当に



あなた
あなた
何かもう疲れました、
ジョングク
ジョングク
早すぎですよㅋㅋ
あなた
あなた
ちょんさんがあんなに
回すからですよ、、ㅋ
ジョングク
ジョングク
楽しかったんですもん🐰




えまって






可愛いよ






兎ですか貴方は



















私よりも






ちょんさんは






少し疲れてる顔をしていた






なんで






私はそれに気づけなかったんだろう____