無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

阿部ちゃんの撮影現場
1,337
2022/06/24 00:43

玉森side









Kis-My-Ft2の玉森裕太です。








今回、阿部ちゃんとドラマで共演することになりました。









皆さんもぜひ、ご覧下さい!









では!……じゃなくて。









告知をしに来たんじゃないんです。









今、撮影中で休憩時間で阿部ちゃんとお話してたんですよ。









『阿部ちゃんはさ、ゲームよくやるの?』









阿部「はい!でも山ちゃんとか玉森くんほどじゃないですよ」









『また今度さ、一緒にゲームしない?』









阿部「いいんですか?!ぜひ、お願いします」










その時、奥の方から誰かやって来た。








あれは……向井康二か?








なんで、向井ここにいる?









向井「阿部ちゃーん!」









阿部「あっこーじ!どうしたの?」









向井「見に来たんよ。どない、調子は?」









阿部「いいよ。玉森くんがついてるから大丈夫」









なんか、向井の顔が変わったんだけど。









えっなに?怖すぎ。先輩を見る目じゃないぞ。









向井side








阿部ちゃんの現場行ったら、玉森くんとイチャイチャしとって









メンバーが居ないからって、ほんま隙が無さすぎるねん 。









阿部「いいよ、玉森くんがついてるから大丈夫」









『……玉森くん、阿部ちゃんのことほんまよろしくお願いしますね。』









玉森「おぅ……わかった」









『先輩だからって手出したらただじゃおかないんで。そこんとこよろしくお願いしますよ』









玉森「阿部ちゃんに手出すとかどういうことだよ。意味わかんねぇよ笑」










ホンマに、阿部ちゃん仲良くしすぎやねん。








その後、3人で 色々と話してた。








阿部「てか、こーじ次の仕事は?大丈夫なの」










『まだ、大丈夫や……じゃなかった!やばい遅れる』









阿部「もーなにやってんの?」








『じゃ、玉森くんも阿部ちゃんも頑張ってください。ではまた来ます』








玉森「もう来るなー」









入り時間ギリギリセーフ?で








現場に着いたわー。








ほんま危なかった。