無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

46話 







第二期 スタート


















____





























五条 悟
準備できたー?
あなた
ごめん、時間かかるかも
あなた
先行ってて
五条 悟
いいよ、待つから
























    そう言いニッ と笑う五条






















   あの後、私達は付き合った



































   五条は凛莉と別れたらしい




























 凛莉がどこにいったのか誰も知らない






















あなた
ごめん、遅くなった
準備できたよー
















 今日は退院をする日





























お世話になったお医者さんに挨拶をして病院を出る























五条 悟
それ、持つよ
あなた
え、いいよ…
五条 悟
もーらいッ
あなた
…あ、
















 ヒョイッ と私の荷物を持つ五条





































あなた
…ありがと、
五条 悟
ん、

















 あれから、五条はずっと私の傍にいる































 ジーッ と五条の横顔を見る



















 パチッ と目があう






































五条 悟
どうしたのー? 
そんなに ジーッ と見て

















 ニヤニヤ しながらこっちを見る五条


































あなた
…ッ……いや、五条が隣にいて…
…その…嬉しい…というか…ッ//( ゴニョゴニョ







 




 

 ゴニョゴニョ と声が小さくなっていく

















  
    









  キョトンッとした顔でこっちを見る五条

































五条 悟
…はぁぁぁぁぁぁ…………















 大きいため息をついてしゃがむ五条


































あなた
……え? 五条…?


















呆れられたかと不安になり、五条を見る



























 
五条 悟
…そんな可愛いこと言わないでよッ…//
あなた
…え、?




















五条が ボソッ と何かを言う




    





























五条の耳は真っ赤だった





























五条 悟
……( スクッ
あなた
わッ!?














スクッ と五条が急に立つ


 

  





















五条 悟
ほら、行くよ

















 ギュッ と手を握る五条






































あなた
う、うんッ






























next
____________















  後から話が暗くなっていくカモッ








_









    じゅ、じゅう !?!?




  え、ありがとうございますッ!🥺((




 ほんっっっっとうに皆様のおかげですッ🙇‍♀






 これからも見てくださると嬉しいですッ🥰