無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

23話












今、教室にいるのは私と傑だけ
















あなた
…………
夏油 傑
…………













あんなことあったし気まずいな…





















夏油 傑
あのさ、
あなた
…うん、
夏油 傑
その…、昨日のことだけど…



















昨日のこと
























観覧車の中であったことだろう
















夏油 傑
改めて言うね…
















傑の真剣な目が私を見る




































夏油 傑
あなたの下の名前が好き
あなた
……ッ…
夏油 傑
君が悟のことを好きになる前から好きだった









私が五条を好きになる前から、?




































それじゃあ






























傑に五条が好きって伝えたとき

傑はどんな気持ちだったのだろう































あなた
……ッ……あ(( ピタッ















ピタッ と唇に傑の人差し指があたる















夏油 傑
返事はしなくていいよ
















「 もう分かってるから 」と言って

    傑は悲しそうな顔をした














あなた
……ッ……
夏油 傑
でも、諦めないからね( ギュ











唇に当てていた手をおろし、 ギュ と手を握る傑















夏油 傑
少しは意識してほしいな











そう言い、傑は恋人繋ぎしてきた













あなた
……ッ///!?
夏油 傑
ふッ…顔真っ赤だよ(笑
あなた
あいつのッ!!
夏油 傑
今日は風吹いてて涼しいのに?
あなた
……~ッ///
夏油 傑
……( プッ

















この時は知らなかった____が見てたなんて





















next
___________









最近、傑ばっかりになってる気がする🙃🙃





オチは五条なので安心してください(?)ッ!