無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10話
あなた
………ふぅ……落ち着いた……
あなた
そろそろ教室に戻らないと…














顔が赤くないことを確認し、教室に向かう




























あなた
……(あれ…?………あれって…)














教室に戻っていたら廊下で



























不機嫌そうな五条が壁にもたれていた___




























あなた
……(ここ…通らないと…教室行けないんだよなぁ…)
あなた
…………はぁ…





















何でここにいるんだろう






















さっさと彼女のとこいけばいいのに




















 と思いながら無視して五条の前を通る
























五条 悟
…ッ…あ…待ってッ…( ギュッ















ギュッ と五条が私の腕を掴む














あなた
…………何、?



















自分から関わるなって言ってきたくせに

























何なの






















意味分かんない














五条 悟
…………
あなた
…………?
五条 悟
…す…ぐる…と…遊びに……行く…の……?
あなた
え、?
五条 悟
………
あなた
………遊びに行く…けど……?
五条 悟
………そっかッ…
















手を離し、悲しそうな顔をする五条
















五条 悟
…………
あなた
…も……もう…行くね…………??
五条 悟
あ、………………うん…ッ…











私は スタスタッ と急ぎ足で教室へ戻る































どうしてそんなことを聞くの






















どうしてそんな悲しそうな顔をするの






























五条が何を考えてるのか分かんない





























その日はずっと五条の悲しそうな顔が頭から離れなかった_____













next
__________










短すぎた()








見てくれてありがとうございますッッッ🥰🥰









これからもよろしくお願いします🙇⤵️⤵️