無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

59話













________































 そこには ____














































あなた
…………花…、
































 そこには お花畑 があった








































 赤、ピンク、黄、青、紫






































 いろんな色の花が咲いていた
































あなた
…綺麗………






































 あーあ 。















































 最後にでも一緒にお花畑を見たかったな























































 
あなた
……あ、





































 一つの花に目がとまる













































あなた
勿忘草ワスレナグサ………

































 この花は小さい頃、好きだった







































 小さくて 可愛らしくて____



















































 さきほど、水やりをしたのか
  
       花びらには水滴がついていた



































 青色の花びらが キラキラ と光っている









































 そういえば、









































 この花には花言葉があった気がする




































 確か _____














































あなた
私を忘れないで____



















































 ポタッ と地面に何かが垂れていく






























あなた
……~ッ!





































 その何かとは

        自分の涙だった____








































あなた
……ヒッ……グスッ……~ッ









































 目をこするが涙はどんどんこぼれ落ちていく

































































 ずっと隣にいたかった _____



























 もう一度話したかった _____

























 
あなた
……~ッ…ごじょッ…

































 早く逃げないといけないのに






























 涙が止まらない









































……( グイッ
























  グイッ と腕を引っ張られる


















































 












あなた
…!

















































next
___________________