無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

32話























何の音、?






























周りがうるさい



























救急車のサイレンの音




















誰かが私を呼ぶ声

























あなたの下の名前ッ、あなたの下の名前ッ!












ぼやけて見えない






















見えるのは 白色と青色



























一瞬で五条だと分かった













五条 悟
あなたの下の名前ッ、あなたの下の名前ッ!
病院の人
危ないですから、離れて
病院の人
はい、通るよー




















 嗚呼 ,


























 私…死ぬのかな、

























 それなら

































 それなら最後にでも

































五条 悟
あなたの下の名前ッ!
あなた
……す……き…
五条 悟
…え、?
あなた
…ごじ…ょ……す…き……だっ…た…
























ずっとあなた五条に伝えたかった


























私のことは忘れて























幸せになってね、五条____









next
________