無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

55話










________









如月 香里奈
~~~~~
あなた
……ん…




















 女の子の声が聞こえ、目が覚める






























如月 香里奈
あ、起きましたか
あなた
………























 あたりを見わたすと知らない部屋にいた



























あなた
……ッ!
あなた
私、帰りますからッ!
如月 香里奈
駄目だよ






























 カチャッ と私の腕に鎖をかける女の子

































あなた
…え、
如月 香里奈
殺そうか迷ったけど
如月 香里奈
あなたは、
死んでしまったことにしとくわ
あなた
…え…?
如月 香里奈
そうしたら、
悟君はあなたのこと諦めると思うの

























「 あなたが死んだって聞いたら、
    悟君、どんな顔をするのかな~ 」

          と言って ニコニコッ と笑う女の子

















































あなた
……ッ!
如月 香里奈
だからあなたにはずっとここにいてもらうから、
如月 香里奈
死ぬよりはましでしょ?( ニコッ









 ニコッ と笑ってそう言う女の子































 まし?



























 ふざけないでよ































 ガチャッ とドアが開く



























お嬢様、そろそろ時間です
如月 香里奈
あ、もう? 早いなー…
如月 香里奈
じゃあ、またね、あなたの下の名前ちゃん
あなた
……ッ……待ってッ!






















 ガチャリッ とドアが閉まる



































 薄暗くて窓もない部屋

























あなた
…~ッ…………



































____

あなた
…助けて……五条ッ…








































 届くはずのない言葉を

   私は薄暗い部屋でつぶやいた______





































next
____________________