無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

54話







































________












あなた
んー…疲れた……














 











 教室を出て飲み物を買いに行く































































 ここ数日、五条とは会ってない
























あなた
…………
























 もしかしたら…何かあったかな…、?






































 嫌な不安が頭をよぎる











































あなた
…教室に帰るか……

























  飲み物を買い

         教室の方へと歩く





























 
如月 香里奈
…………あ、いた
あなた
………え、?































 教室の方へと進むと、あの女の子がいた






































如月 香里奈
……………
あなた
…何で…ここに…、?
如月 香里奈
何でって、
如月 香里奈
別れてもらうためです
あなた
………ッ…
如月 香里奈
まだ、別れないんですか?

































 「 迷惑って言いましたよね? 」と言う女の子































如月 香里奈
ほんっと、悟君…可哀想……
あなた
………ッ……でもッ!
如月 香里奈
そろそろ別れてくれないと、あなたどうなっても知りませんよ?
あなた
………( ビクッ


































 急に声が低くなり ビクッ と驚く

































あなた
…私は……決めたの
あなた
信じて待つって……
あなた
だから、私は絶対に別れないッ…
五条を信じるッ…!
如月 香里奈
……………


























  目を見開く女の子


























如月 香里奈
……そうですか
如月 香里奈
それなら、仕方ないですね
あなた
……え、?
如月 香里奈
来ていいよ




















 女の子がそう言うと

     後ろから二人の男の人が現れる
















































如月 香里奈
連れていって
あなた
……ッ!































 「 はい、かしこまりました 」

       と言って私に近づく男の人





































あなた
……(逃げないとッ…)























急いで、逃げようとするが 









































 ガシッ と手をつかまれる











  










あなた
やだッ!離してッ!!


















逃げようと、 ジタバタ する















































 すると、男の人の手が首に トンッ とあたる




























あなた
…あ……

























 バタッ とその場に倒れる


































如月 香里奈
~~~~~~~~~~
如月 香里奈
~~~~~




























 女の子と男の人の話し声が聞こえる


























  
如月 香里奈
さようなら
































 その言葉を聞いて、私は意識を失った____
























next
____________________