無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

60話




























________














あなた
…!















































_











五条 悟
…ごめん、遅くなったッ…( ギュー































































 ギューッ と私を抱き締める五条


























































あなた
…ご…じょッ………
五条 悟
…………ッ…( ギュー



























































 何で ________
































 
あなた
…何で、、私が生きてる…って、、













































 五条が スッ と離れる
































五条 悟
あいつ如月のとこにいる奴らを脅したら教えてもらった
あなた
………
五条 悟
パーティーが決まった日、あなたの下の名前も来るって知って、、
五条 悟
ずっとこの日を待ってた、
五条 悟
あなたの下の名前が会場に入ってきた瞬間、すぐあなたの下の名前だと分かった、
あなた
………ッ…
五条 悟
最強、舐めるなよ







































 フッ と頬が緩み、笑う五条













































 私も五条に笑い返す




















































 
五条 悟
待っててくれて、ありがとうッ…



































































 唇をかみ、

   今にも泣き出しそうな顔をしている五条























































あなた
……ッ( ギュ
































 ギュッ と五条に抱きつき、胸に顔をうめる









































あなた
…おかえりッ…~ッ…
五条 悟
…!
五条 悟
……ふッ………… おう , 




































  「    ただいま     」












































 ギューッ と五条が私をもう一度抱き締める




















































































如月 香里奈
……ちょっと
あなた
…!
五条 悟
……






























































 パッ と顔を上げると、

     そこにはあの女の子がいた_____













































next
____________________









 五条勝は来ません(( 黙れ