無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

58話








____





会場につきました、お嬢様






















 車に乗って 10分

























   











 あっという間に会場へとついた

















如月 香里奈
ここで降ろして
かしこまりました
如月 香里奈
あなたも早く降りて























 そう言われ、車から降りる

























如月 香里奈
バレたりしたらどうなるか分かるよね?
あなた
………ッ…( コクッ
如月 香里奈
ふッ(笑
如月 香里奈
ねぇ、悟君はどこ?
五条様はあちらにいらっしゃいます


















 「 悟君ッ! 」と言って五条の方へ行く女の子



























あなた
…………






























 久しぶりに五条見たなぁ…、

















































ジーッ とスーツ姿の五条に見とれていると

  女の子の声に気づいたのか、こちらを向く五条


































 バレないよう パッ と違う方を向く


































あなた
…………
如月 香里奈
~~~~~~
五条 悟
~~~~~~





























 バレてない、?




















































 二人の話し声が後ろからうるさいほど聞こえる

















































あなた
………ッ…
あなた
とにかくここから逃げないとッ…











































 急いで、会場の出口へと向かう





































 きっと、さっき通った入り口には誰かいるだろう













































あなた
別の出口探さないと…、





























____




















 探し続けて何分たったのだろうか

































 15分はたっただろう































 




 会場が広すぎて、

    出口がどこにあるのか分からない
















































あなた
………ッ!
あなた
出口ッ!

































 ずっと走り回っていると、

     出口と思われるドアを見つけた





































 ドアを ギイッ と開ける



































あなた
…わぁッ……
























 そこには ________































next
____________________