無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

57話



























________






















  あれから、何日たったのだろうか









































 二日はたっただろう










































 起きる、食べる、寝る






































 毎日それを繰り返していた
















































  

 





  ガチャッ














 

    




あなた
…………、

































 ガチャッ とドアが開く




























如月 香里奈
あ、まだ生きてたんだ
あなた
…………
如月 香里奈
何その目……
如月 香里奈
久しぶりに外に出してやろうと思ったのに




























 こっちをにらみながらそう言う女の子





































あなた
……ッ!
あなた
……外…、?
如月 香里奈
うん、
如月 香里奈
今日、私と悟君の婚約祝いパーティーをするらしいの
あなた
………
如月 香里奈
どうする? 行く?




























 ニコッ と笑い、そう聞く女の子



























































 もしかしたら、ここから逃げれるかも…。
































如月 香里奈
どっち?
あなた
…行くッ!
如月 香里奈
おーい、この子の準備お願い
分かりました























 3人の女の人が部屋に入ってくる
































如月 香里奈
その格好だと逆に目立つから、着替えさせて頂戴
如月 香里奈
あと、汚いからお風呂に入らせて
かしこまりました































 「 目立たないようにね 」

       と言い部屋を出る女の子
























































________




お嬢様ー、できました
如月 香里奈
これなら、目立たないわね
























































薄紫色のシンプルなドレスを着せられ、
       
           髪を巻いてもらった

















































 顔を隠すためなのか、顔にレースをかけられた



































如月 香里奈
もし悟君に話しかけたり、バレたりしたら……………
如月 香里奈
どうなるか分かるよね?
あなた
………ッ…( コクリ







































 コクリッ と うなずくと フッ と笑う女の子




























 

如月 香里奈
それじゃあ、行きましょう
如月 香里奈
車を用意して
かしこまりました
如月 香里奈
早く来て





























 そう言われ、女の子の後をついていく




































如月 香里奈
楽しみだな~( ♪
あなた
……………































next
____________________