無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

42話














五条side












夏油 傑
『 ってことだから、』
夏油 傑
『また後で電話かける…』
五条 悟
…おう、






























再び手術室の前のイスに座り待つ































   








すると、 コツコツ と音が聞こえてきた

























五条 悟
………硝子…!
家入 硝子
……お、五条
家入 硝子
あなたの下の名前は? この中?
五条 悟
…う、ん………















すると次の瞬間




































スッ と手術中のランプが消える



























五条 悟
…!
家入 硝子
…!

















ガラ…














五条 悟
あなたの下の名前ッ!
病院の人
手術は成功しました
五条 悟
…よ…かった……
病院の人
ですが……目を覚ますかどうか分かりません…
家入 硝子
…………
五条 悟
……え、?
病院の人
…………




















 そう言い下を向く医者






























五条 悟
…… ~ッ…


























その後、あなたの下の名前は病室へと運ばれた













































家入 硝子
……あんた、最低だよ
五条 悟
……………ごめん…



































俺は ごめん で、すまされないことをした



























家入 硝子
…五条以外に誰があなたの下の名前を幸せにできるのよッ…



















涙声でそう言う硝子



























 






五条 悟
…ッ……ごめんッ…

















    






















俺はそう言うことしかできなかった____
















next
____________






もう少しで完結するカモ🙃







  
    思いつきです(?)




  見たい人がいたら、出しますッ





   ( 一様、アンケート )




アンケート

⤴の小説について
見たい!!!
94%
別に見たくない(
6%
投票数: 649票



    投票お願いしますッ





  掛け持ちすみません🙇‍♀((