無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第71話

67話


























________





























____ガラッ

































あなた
五条、おはよう~
五条 悟
はよ、
五条 悟
学校は ?
あなた
まだ時間あるし大丈夫だよ
五条 悟
そっか、
















































































   今日も病院に行き五条に会いに来た































































あなた
体調大丈夫 ?
五条 悟
おう





































































 「 早く退院してぇ 」と言う五条








































あなた
駄目だよ、あと2日我慢しなきゃ
五条 悟
………………、


























































    ジーッ とこちらを見る五条







































あなた
どうしたの ?
五条 悟
いや、昨日、悟って呼んでくれたのに
五条 悟
今日は五条呼びなんだなーって思って
あなた
へ、?









































     驚いて、五条を見る







































































あなた
……下の名前で呼んで欲しいの…?
五条 悟
うん、






























   「 うん、 」と五条が即答する




























































あなた
……えぇ…、
五条 悟
俺は下の名前で呼んでるじゃん
五条 悟
あなたの下の名前、下の名前で呼んでくれないの?






















































   「 ひどーい 」と嘘泣きする五条





























あなた
分かったッ、呼ぶからッ……
五条 悟
じゃあ、呼んで ?
















































  嬉しそうにこちらを見てそう言う五条









































あなた
…さ…………と…る
五条 悟
ん ? 何て ?


























   ニヤッ とした顔でそう言う五条



























































あなた
………~ッ
あなた
……さ…とる…ッ……




















































 恥ずかしくて、視線をそらしながら、そう言う








































五条 悟
あなたの下の名前 、 来て 
あなた
…う、うんッ…!














































   そう言われ、悟の近くへと行く












































































































____グイッ































あなた
…んッ










































































































 グイッ と引き寄せられ、そのまま唇が重なる
























































































五条 悟
……その顔俺以外に見せんなよ… ,
あなた
………へッ 、 ?










































































     少し赤い顔でそう言う悟























































































     きっと私の顔は真っ赤だろう
















































五条 悟
……もう一回
あなた
…誰か来たらどうするの…、
五条 悟
大丈夫、来ないよ












































































   そう言い、私の後頭部に手を添える悟

























































































































































 「 大好き 」と言う言葉をそえて

     彼は私にもう一度、唇を重ねた____




































































































next
________________












   今、テスト週間で低浮上ですッ

   そのため更新遅くなります🙇‍♀

     把握お願いしますッ