無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4話
あなた
……ありがと…硝子


多分、硝子は私のことを気遣って体調不良で一緒に授業休んでくれたんだと思う…


家入 硝子
………我慢するなよ
あなた
え、?
家入 硝子
…目、はれてる
泣いてたんだろ? 昨日
あなた
……ッ………うん,
家入 硝子
何があったかは詳しくは分かんないけど、辛くなったら私でもいいし夏油にでも相談しな
あなた
……うん…ありがと……






その言葉が


























嬉しくて嬉しくて


















気づいたら涙が溢れてた








その間硝子は私の背中をずっ擦ってくれた ,


家入 硝子
凛莉と話してみたら?
あなた
うん…そうするつもり



色々と聞きたいこともあるし

















このまま引きずるわけにもいかないし…












明日、凛莉に聞いてみようと決意して

































「ありがとう」と硝子に言って



















私は自分の部屋に戻った




















少しだけ硝子のおかげで





























気持ちが楽になれたような気がした













next
__________




__宣伝__ ,


この子の作品是非見てあげてください🥺((




この子すっっっっごい いい子!!





みんな、是非見てね!!





【 交換宣伝募集中 】



短すぎた()