無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

25話







あの後、硝子と傑が戻ってきて、一緒に話していると先生がきた



























五条と凛莉は戻ってこなかった


























どうせ、さぼっているのだろう




































一日中ほぼ ボー っとしてると
     
      あっという間に放課後になった






















あなた
んー…疲れた…
家入 硝子
やっと終わった
夏油 傑
これ、いるかい?













私と硝子にジュースを見せる傑












家入 硝子
いるー
あなた
いるいるッ!
夏油 傑
はい ,
あなた
ありがと~
家入 硝子
ありがとー
あなた
…ん…美味しッ
家入 硝子
そういえばさ、
あなた
ん?
夏油 傑
家入 硝子
結局、今日来なかったね













そう言いジュースを飲む硝子






















五条と凛莉は朝、学校に来ただけだった




















あれきり二人を見てない
















あなた
さぼりじゃない?
家入 硝子
……ふーん…
夏油 傑
最近、あなたの下の名前は大丈夫なのかい?



 










最近大丈夫か

























多分、凛莉とのことだろう













あなた
大丈夫……あ、
夏油 傑
どうしたんだい?
家入 硝子
あなた
そういえば…凛莉…誤解してると思うんだよね…
夏油 傑
誤解…?
あなた
うん……今日何か言ってたけど
あなた
私が傑に告って付き合ってるって…
夏油 傑
え?
家入 硝子
……もしかしてさ、それ五条のいる前で言ってた?
あなた
え、? 五条?
そういえば…いた…
家入 硝子
それさ、凛莉わざと言ったんだと思うよ














わざと?























あなた
え?何で…?
家入 硝子
…ッ…それはッ
五条があなたの下の名前のことあk(( 硝子
夏油 傑
………





















硝子が何か言おうとしてたけど、
     
     傑が途中で硝子の言葉をさえぎった
















家入 硝子
……やっぱ何でもなーい
あなた
………(?















「 私帰る 」と言って教室を出る硝子





















出ていくとき、少し怒っているように見えた










あなた
……(どうしたんだろ……硝子…)
夏油 傑
あなたの下の名前
あなた
…ん?
夏油 傑
一緒に帰らない?
あなた
あ、うんッ、いいよ!















五条が私のことを………?



 


























その後、何て言ったんだろ



























硝子は何を言おうとしたのかな……















next
____________






伏黒 恵 versionだしましたッ!


ぜひ、見てくださいッ!



少し似てるところありマス