無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

16話
あなた
あ、硝子
家入 硝子
おはよー
あなた
おはよ~
あなた
ねぇ、傑と付き合ったの?(✨
家入 硝子
え?
あなた
OKした?(✨
家入 硝子
え、ちょッ…何の話?
あなた
え?
あなた
何のって……昨日告られたんでしょ?
家入 硝子
え、? 誰が誰に?
あなた
傑が硝子に告ったんじゃないの?
家入 硝子
……( プッ
家入 硝子
違うよー、別の話
あなた
別の話…?
家入 硝子
…………うん、そう
あなた
…………(……何だろう……)





















___

花園 凛莉
あなたの下の名前ッ!
あなた
………( ビクッ
あなた
……凛莉……どうしたの…?








いつものように傑と話していたら



凛莉が私のところまで来た
























硝子は さぼる と言ってさっき教室を出た




























次は何を言われるのだろうと怖かった

















花園 凛莉
この前は悟君があんなこと言って
ほんと…ごめんね…
あなた
…………別にいいよ















そんなこと思ってないくせに


















花園 凛莉
あのね、今度さ…私と悟君と夏油君とあなたの下の名前で遊びに行かない…?
あなた
え…






「 駄目かな…? 」と言う凛莉
























次は何をたくらんでいるんだろう

















もちろん、行きたくない
























でも、断ったら何をされるか分からない























あなた
………うん……いいよ…
花園 凛莉
ほんとッ!?







「 やったー 」と言って喜ぶ凛莉














花園 凛莉
夏油君はいいかな…?
夏油 傑
いいよ( ニコッ
花園 凛莉
やったーッ!
あなた
……………











「 ダブルデートだねッ 」と私の耳で コソッ と言う凛莉






























……ガラ…

花園 凛莉
あ!悟君ッ!
五条 悟
おはよ、
花園 凛莉
おはよ~( ニコッ
花園 凛莉
あのねッ!
私と悟君とあなたの下の名前と夏油君で遊びに行かない?

















ジロッ と私と傑を見る五条
















五条 悟
いいよ
五条 悟
いつにすんの?
花園 凛莉
えっとね~
花園 凛莉
みんないつ空いてるー?
夏油 傑
今週だったら明日なら空いてるよ
五条 悟
俺も
花園 凛莉
私も空いてる
夏油 傑
あなたの下の名前は空いてる?
あなた
う、うんッ
花園 凛莉
じゃあ、明日で決定ねッ!











「 楽しみだねー 」と五条と話す凛莉















あなた
…………ハァ…







正直言って行きたくない




















風邪ひいたとかいって休もっかな()





















そうしたら、傑が1人になるよね……


















あーあ、



















明日なんて一生来なければいいのに__ ,






next
__________