第94話

む。
あなたサイド



夜。西谷くんとご飯を食べて、
他の人達はもう入ったぽいかな?
私は1人でお風呂に入った。
チャポ
あなた『はぁやっぱりわかりやすいのかな〜』
私ってこんなにすぐ気づかれちゃうの?
まぁいっか。
さっきの西谷君の

『俺は信じます!!』
私は〈信じる〉という言葉が嫌いだ。
裏切られた時が怖いから。
どんなに仲良しでも、優しくても
何かひとつの言葉で人間は変わってしまう
でも正直言ってさっきの西谷君の言葉は
嬉しかった。
真っ直ぐで素直な目。
偽りの無い目。
誰が見ても信じられる目。
きっと西谷君はみんなに信用されてるんだな。
頑張ってね西谷君。



















































_______________私の夢は貴方に託す