第92話

む。
西谷『あの、あなたさんは石橋あなたさんだけど石田あなたさんと同一人物ですか?』
あなた『アハハ^^*気づかれましたか』
あなた『ん、ん!フゥそうですよ^^*あってます』
西谷『いつもの声に戻った』
あなた『そうですね^^*こっちの方が楽ですね!』
西谷『あの、答えずらいと、思うんですけど昨日のトンカチの件あなたさんやってないですよね?』
あなた『うん^^*やってないです。よく分かりましたね^^*』
西谷『だって、あなたさん、右利きなのに右手を怪我するわけないじゃないですか!!』
あなた『確かにそうだね^^*いやー今日のサーブは痛かったよ〜』
西谷『捻ったんですか?』
あなた『いいえ〜折れてました。』
西谷『え!?大丈夫ですか!?』
あなた『はい!大丈夫です。』
西谷『でも、なんで否定しないんですか?』
あなた『それは私がどんなに否定しても信じない人は信じないからです。私の信頼度がまだ足りない。私の力不足ですよ^^*』
西谷『でも俺は信じます!誰がなんと言おうと!!』
あなた『フフッありがとうございます^^*』