第65話

む。
烏養『はよ〜あなた』
あなた『あ、繋心君〜コーチなんだー』
烏養『おお、そうだ一応な』
澤村『ちわーっす!!』
選手『ちわーっす!!』
あなた『はーいおはようございます〜^^*皆さんお久しぶりですね〜^^*では案内は私がやりますので〜あとは青城だけだね!!まなちゃんあとよろしくね〜^^*』
まな『はい!英もいるので大丈夫です!!』
あなた『あ!リベロとエースが戻ってきてますね!!』
澤村『そうなんです!!』
あなた『えっと、ここが烏野の選手のお部屋になります!私の部屋はあそこの角の大部屋になりますので何かあったらこのベルで、お知らせください^^*では〜^^*青城が来たらまた呼びに来ますので〜ガチャ』
西谷『な、なんだ!!あの美女は!!』
田中『だろ?あなたって言うんだ!!ちょっと喋っただけですぐ仲良くなれるぞ!!』
西谷『何!?龍が知り合いなのか!?』
澤村『それにしてもすごい綺麗だな!!ホテルみたいだ』
菅原『それな!!めっちゃ綺麗!!』
あなた『よいしょじゃあきよちゃん達ははあっちの部屋ね!伊達工のマネージャーさんがもういるから〜』
清水『うん!!ありがとうね』
〜目線戻ります〜
まな『青葉城西の方々ですね!!お待ちしておりました!!もしもーしあなた様!!青葉城西の方々が到着なさいました!!ひなもゆあもなみも読んできて!!』
国見『ねぇそれ、俺がやりたかった。』
まな『早い者勝ちだもんね〜σ(>д<*)ベーッ』
国見『(・д・)チッ』
ぶりこ(ここね。ついに来た。来たわ父さん。ここの娘と職員全員殺してやる。いつにしようかな〜あ!インターハイ予選終わったらにしよーニヤニヤ)
まな『では案内するので着いてきてください』
(((((*´・ω・)トコトコ
及川『うわひっろいね〜☆』
まな『ここに荷物を置いたら下の会議室に来てください。案内は英がします!!英は自分の部屋で寝てもいいし、ここで寝てもいいってさあなた様からの伝言。以上では』
国見『じゃあ俺自分の部屋で寝ますね』
置き終わった
国見『じゃあ行きますよ』