第9話

む。
国見『あなた様は元ユースの石橋あなたです。ですが、本名は石田あなた様です。』
及川『ところでなんで国見ちゃんはあなた様って呼んでるの?』
国見『それは俺があなた様の執事だからです』
金田一『あなた先輩isidaスイーツの社長の娘ですよ?』
及川『え!?嘘!?俺そこの会社の牛乳パン好き〜』
国見『お嬢様です。』
及川『へぇー!!!ユースの時の異名悪魔の微笑みだっけ?なんか今と違うね〜☆今はどちらかと言うと天使だよね〜☆』
プルルプルル
国見『はい!あなた様なんでしょう?』
あなた『あ、あのね〜英君私この後体育館行ったら現役の頃の私が出るかもだから怖かったら逃げていいからね〜あ、そのこと金田一君と及川さんに伝えてもらえる?』
国見『は、はい!かしこまりました』
電話終わり〜
国見『(^ω^;);););)』
金田一『国見どうした?』
国見『あなた様が珍しく怒ってた((((;゚Д゚))))』
及川『あなたちゃんって怒ることあるの?』
国見『あ、それであなた様からの伝言で、この後現役の頃の私に戻るかもだから怖かったら逃げていいからね、だそうです』
及川『え!?そんな怖いの!?』
国見『怖いどころじゃないです。少しサイコパスになりますし、目が全然笑ってないんです:( ; ´꒳` ;):ガタガタガタガタ』
金田一『そんなにか、そういえば俺も見たことないな』
及川『まぁとりあえず体育館戻ろ☆』