第38話

む。〜黒尾編〜
黒尾『俺7ばーん!!お?あなたちゃんも?』
あなた『はい!お願いします〜』
雪絵『じゃあ次の人行ってらっしゃい〜』
あなた『((( ๑•﹏•。๑)))コワイ…』
黒尾『怖いの?大丈夫?』
あなた『だいじょばないです!!』
黒尾『そっか〜だいじょばないか〜』
黒尾(え?この子なに?天使?だいじょばないとか可愛すぎなんだけど、)
黒尾『あなたちゃんは俺のお人形さんですか?』
あなた『へ?お人形さん?』
黒尾(あ、やべぇ口が滑った!)
黒尾『い、いやぁーあなたちゃんちっちゃいから俺から見ると人形サイズなのよ〜!!だから』
ガシッ
                               モノ
黒尾『今だけ俺のお人形になってよ』(低音ボイス)
あなた『アハハなんか新しい感覚ですね^^*足がブラブラしてて!!』
黒尾『そお?このまま行くよ!』
あなた『はーい』
( :D)┸┓ワァー
あなた『(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)』
黒尾『あーあーなに泣かせてんの!?モー大丈夫だよ〜(((((*´・ω・)トコトコ』
??『え?なんかすんません!』
↑この人リエーフ((By作者
黒尾『大丈夫?』
あなた『はい!大丈夫です^^*』
黒尾(耐えろ!!あと少しだ。頑張るんだ。俺!今襲ったら青城の奴らに殺される。特に研磨に似てるやつ。ガード強いんだよ〜!!)
あなた『黒尾さん?私重くないですか?』
上を向く
黒尾『うん、大丈夫だよ』
黒尾(いや。、もう無理かもって言うか片手で持てるってどんだけ軽いんだよ。)
前髪を寄せる
あなた『本当にですk((』
チュッ
黒尾(おでこならいいでしょ。うん。多分な。)
あなた(//・_・//)カァ~ッ…
黒尾『ごめんな!!我慢出来なくて!!本当は口にしたかったけどニヤニヤ』
ギュッ服を握る
黒尾(え?なになに!?俺の服の裾掴んでるよ!女の子ってこんなに可愛いの?俺彼女できたことないからわからんけどねカナシッ)
黒尾『もうすぐ着くね!!あのさ俺、初めて会った時からあなたちゃんのことすk((』
国見『あなた様ーーーーーーーーーー!!!!!!!大丈夫ですか!?』
黒尾(クッソ今いいとこだったのにぃーーーー)
黒尾『よし着いた!!ありがとな!!』
あなた『はい!ありがとうございます!!』
国見『あなた様!!行きましょ!!』
(((((*´・ω・)トコトコ
黒尾『やっくん。慰めて。』
夜久『はぁ!?嫌に決まってんだろ!』
黒尾『(._."Ⅱ)』
はーいここまで〜
及川『ここで及川さんのコソコソ話〜☆』
及川『リエーフ以外のお化け役の人は黒ちゃんがあなたちゃんにキスしたのを見てしまったから脅すどころか皆怒ってたらしいよ〜☆』
国見『はぁ!?あなた様にキス!?』
国見『ありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえ』((強制シャットダウン
―――――――――キリトリ線―――――――――
どうも作者です!!

黒尾編ENDと言うことで!

次はですね、作者が書きたい人に

します!!なので次はお楽しみです!

まだリクエスト募集してるので

良かったらコメントくださいね!

以上!!作者でしたー