第100話

む。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1日飛んで合宿6日目
マネージャー

烏野 清水 谷地

伊達 滑津

青城 ぶりこ

白鳥 あなた
監督『今日の夜に夏祭りがある。行きたいやつは行ってきてよし。まぁ明日の練習に被害がないけらいでな!じゃあ練習開始!!』
あなた『おはようございます^^*今日白鳥沢なんでお願いしますね^^*』
白鳥沢『はい!』
国見『٩(¨ )ว=͟͟͞͞あなた様!!今日の夏祭り!!一緒に行きませんか!?』
あなた『うん^^*行こ〜』
国見『ありがとうございます!!では練習戻ります!!』
(((((*´・ω・)トコトコ
ぶりこ『まじでさ、あんたほんとに迷惑。私と英君の関係を壊さないでくれる?あんたがいるせいで英君と回れなかったじゃない!!ほんとに!!あんたのその綺麗な髪の毛をぐちゃぐちゃにしてやる!!』
チョキチョキ
あなた『いや!!髪の毛はダメ!!やめて!!』
ぶりこ『うわ〜不細工じゃん、‪wもうこれで髪の毛は戻らない‪wじゃあね‪w』
あなた(あ〜もう!!今までせっかく伸ばしてきたのに!!何してくれてんの!?もうこれじゃあ夏祭り行けない、、、泣きたい。)
滑津『あなた!?』
あなた『まいちゃん〜』
滑津『どしたの?髪の毛』
あなた『ぶりこちゃんに切られて』
滑津(はぁ?あいつ何私の天使の髪の毛切ってるの)
滑津『よしじゃあちょっと来て〜この短さだとショートになっちゃうけどいい?』
あなた『え?切ってくれるの?』
滑津『整えるだけだけど、』
あなた『ありがとう〜もう大好き!!』
滑津『( *´꒳`*)キュン♥』
チョキチョキ
滑津『できた!!』