第37話

む。〜赤葦編〜
赤葦『あ、7番俺です。お願いします』
あなた『よろしくね』      
雪絵『じゃあ次の人行ってらっしゃい〜』
あなた『(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)』
赤葦(なんでこんなに可愛いんだ?俺の服の端掴んでる!めっちゃ可愛いじゃん!)
赤葦『手、繋ぎます?』
あなた『いいのぉ?じゃあ』
ギュッ
赤葦(手、冷たい。あと俺何やってるんだ!!いきなり恋人つなぎだと!?あああもう理性持たない。)
あなた(赤葦君暖かい!もっとくっつこ!!)
↑実はこの人鈍感+天然です
作者(おっと!トドメをさしてしまった!!)
赤葦『_:(    _ ́ཫ`):_もう無理。ギュッ』
あなた『うわぁ!!』
【抱っこされてる】
赤葦『あなた。わかってるか知らないけど、あなたのこと狙ってる人いっぱいいるよ?だからそんな無防備じゃあダメ。』
あなた『え?私狙われてるの!?食べられちゃうのかな?あと無防備ってなあに?』
【あなたを下ろす】
赤葦『無防備って言うのは、』
顎に手を当てられ上にあげられた
あなた(赤葦君何するの!?顔が、近い!!)
国見『あなた様ーーーーーーーーーー!!!!!!!』
赤葦『チッ』(邪魔が入った!!クッソ)
及川『国見ちゃーん及川さん置いてかないで〜☆』
国見『すみません。あなた様の危険センサーが反応したので』
国見『あなた様!!行きますよ!!失礼します』【姫抱き】
あなた『うわぁ!!』
タッタッタッタッタッタッタッタッタッ
及川『あー行っちゃったね〜☆惜しかったね〜☆あと少しでキスできたのに!』
赤葦『そうですね。でもあなたさんには国見君がいるのでどっちにしろ多分無理だったと思います。』
及川『俺も去年キスしようとしたら国見ちゃんがさ、中学校から走ってきてチャンス逃したんだよ〜!!』
赤葦『あ、そうですか。、では』
及川『ああ、ちょっと待って!!』
出口では
タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッ
岩泉『おお、国見おつかれ!!ってあなた!?確かお前梟谷のセッターとだったよな?』
あなた『まぁはい!』
国見『俺のあなた様危険センサーが反応したので持って来ました!』
岩泉『すげぇなお前。あなたのために生きてんのか?』
国見『はい!そうです!』
あなた『アハハ』
赤葦『(*´・ω・`)=3』
あなた『あ、赤葦君さっきはありがとね^^*』
赤葦『全然いいよ〜あと京治って呼んで?同い年だよね?』
あなた『わかった(*´ω`*)じゃあね京治〜^^*』
赤葦((゚д゚〃)キュンッ゚)
赤葦サイド

これでいいんだ。

俺じゃ守りきれない。

あとは頼むよ国見。

赤葦サイド終わり
―――――――――キリトリ線―――――――――
はい!赤葦編ENDというところです!!

続いては黒尾編です〜

近いうちに出します!

ちょっとまっててくださいね!