第149話

む。
早く早く足!!動け!!
あなた様が危ないんだ!!早く
わざわざ第7体育館を選んだ理由がわかった
あなた様の部屋から1番遠いからだ。
俺が来ることを想定して
第7体育館を選んだのだろう。
国見『ハァハァハァ』
苦しい。
苦しい。
苦しい。
いつもはこんなに早く走らない。
こんなに全力でやったことはない。





俺はいつも肝心なところで
できない。
守れない。










ダメな人間だ。でもあなた様だけは違った。
俺を認めてくれた。
褒めてくれた。
試合で負けた時は慰めてくれた。
ここで働いてる人全員が思っている事
全員あなた様が好きだ。
でも俺の好きはその好きじゃない。




『本当に大切な人。』







大切な人1人守れなくてどうする?
人生で1人でいいんだ。
自分が生き生きできる人。
守ってあげたいと思う人。


やっと見つけた。
俺が守りたい。
他の奴には触れて欲しくない。



誰よりも輝いていて美しい方。













そろそろ着く
国見『ん?これは?』