第40話

む。
次の日の朝
雪絵『おはよう!!』
あなた『おはようございます!!』
あなた『じゃあ私、音駒と梟谷起こしてきますね!』
(((((*´・ω・)トコトコ||☆\“(・_・。)コンコン
あなた『失礼しますねぇ^^*』
夜久『おう!!おはよう!!悪いけど研磨と黒尾起こしてもらえるか?』
あなた『はい!!^^*』
夜久『( ⸝⸝•௰•⸝⸝ )』
あなた『黒尾さん〜起きてください〜^^*』
黒尾『ん?ああ、おはよう(゚д゚〃)キュンッ゚』
黒尾(朝からドアップは理性持たない)
あなた『研磨〜起きてー?』
研磨『んん、、グイッギュッ』
あなた『け、研磨君?朝だから起きようね〜^^*それと私離して貰えるかな?』
腕を引っ張られて研磨の腕の中に
バックハグ状態
研磨『やだ。』
黒尾(お、研磨ナイス!俺もついでに)
黒尾『よいしょギュッ』
あなた『え?嘘でしょ』
後ろには研磨、前には黒尾さん
あなた『夜久さん〜たすけて!』
夜久『おい💢お前ら〜(ノ∀≦。)っ))*`Д゚) バシバシ』
2人『チ───(´-ω-`)───ン』
あなた『大丈夫?痛い?湿布貼る?』
研磨『うん貼って?』
ペタ
黒尾『俺も』
夜久『お前は俺が貼るからまってろ!』
黒尾『えー』
夜久『なんか文句あんのか(╬◣д◢)ゴルァ!!』
黒尾『いいえ。なんでもありません。』
あなた『よし!!貼れた^^*大丈夫だった?』
研磨『うん(´•௰• ` )ありがと。』
あなた『じゃあ私梟谷起こしてくるのでまた後で』
夜久『おう!ありがとな!!』