第147話

む。
あなた『ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ッカハッ』
奏多『うーんいい声だね〜いい子いい子ボキッバキッ』
ぶりこ『ブッハ良いざまだなー』










私の最後。こんな奴に抱き潰されて終わる。
私はいつもついてなかった。
でもみんなと出会えたことは
すごく幸せだった。














いじめられていても
暴言をたくさん吐かれても
怖くなかった。








だけど今、すごく怖い。
死ぬという恐怖が襲ってくるの。
まだ死にたくない。
みんなと過ごしたい。
認められたい。
教えてあげたい。
たくさんの未練がある。



でももう体が反応しないの。
肺に血が入って息が出来ないの。
苦しいの。
奏多に抱き潰されて
骨がほとんど折れた。

















最後くらいは大好きな人達に見守られて













































































_______________静かに死にたかった。