第7話

む。
次の日朝〜
国見『あなた様、おはようございます!!』
あなた『あ、英君おはよう^^*』
いつもどうり登校
放課後の部活タイム
及川『あなたちゃんやっほー☆』
あなた『こんにちは^^*』
岩泉『よし!!じゃあ揃ったから始めんぞ!』
ぶりこ『すみませぇーん遅れましたぁーマネージャー希望のぶりこでぇす❤』
青城(( ゚д゚)ゲッ!ぶりっ子!?)
及川『ま、マネ業はあなたちゃんに聞いてね( ̄▽ ̄;)ハハッ』
あなた『じゃあドリンク作りに行こ。』
ぶりこ『はぁい❤』
あなた『じゃあまず粉と水の((』
ぶりこ『あんたがやりなさいよ!!ちょっと国見くんに近づきすぎじゃない!!私の方が可愛いに決まってる!なのに周りの人は優しすぎるのよ!お前みたいなブスを可愛いって言ってくれる人達に感謝するといいな!』
あなた『ごめんねブスで。でもマネージャー業やらないならマネージャーやめてくれる?』
ぶりこ『は?そんなの嫌に決まってるじゃん』
ぶりこ『これであんたの信頼も無くなるな‪w』
グサッ【お腹を刺す】
ぶりこ『‪w‪w何自分が刺されてんの‪wまぁこれも利用するけどな‪w』
あなた(痛い。うん。すごい痛い。私あんまり血の量多くないからすぐ貧血になるんだよね。そんなこと関係ない。頑張れ私。選手の邪魔はしては行けない。)
ぶりこ『きゃーーーーー』
青城『なんだ!?』
及川『どうしたの!?あなたちゃん!?』
あなた『ウグッ痛い(ボソッ)』
ぶりこ『あなた先輩がグスッ私のことを刺そうとしてグスッ返り討ちにグスッ』
岩泉『あなたそれはほんとか!?』
あなた『痛い(ボソッ)』
花巻『なんも喋んねぇならホントなんだな』
松川『もう信用なんねぇ』
岩泉『ぶりこ行くぞ。こいつはもうほっとけ』
みんなが行ったあと
国見『あなた様!!大丈夫ですか!?』
あなた『英君、痛いけど大丈夫だからね^^*』
国見『どうして!?なんでこんなことに!?』
あなた『英君も、私には残りの時間が少ないのは知ってるよね?それでね、私はいつも笑ってることにしたの。それで、あんなやつと張り合ってたらキリがないもん。だから私は最後まで自分がやりたいことを存分にやるって決めたんだ^^*』
あなた『それで今私がやりたいことは、あんなやつの相手をすることでもない。楽しいことがしたい^^*それは、みんなのバレーやってる所も見たいし、私だってやれるならバレーやりたいよ?現役に戻りたい。まぁこれも人生の壁って思えばどーってことないよ^^*』
国見『グスッぎのうのごどばのいみがわがりばしだ』
あなた『はいはい!^^*落ち着いて〜^^*泣かない泣かない^^*やっぱり英君は優しいね^^*』
??『( இωஇ )ウワーン』
??『( இωஇ )ウワーン』
あなた『え!?え!?なんでいるんですか!?』