第43話

む。
??『おい!角名!!』
角名『ずっと聞いてたの?治?』
治『すまん!!で、どういうことなん?』
角名『さっき言った通り、あなたはあと少しで死ぬ。で、ずっと笑顔で、怒ってるみたいだったから話聞いたの。俺的には多分あれ以外にもなにか隠してると、思う。だから治もなんかあったら話聞いてあげてね。』
治『そうだったんか、、わかった!何とかするで!』
(((((*´・ω・)トコトコ
あなたに戻ります
あなた『ドリンク置いときますね^^*』
木兎『おう!ありがとな!!』
赤葦『ありがとうございます!!』
あなた『いいえ^^*』
花巻『おい💢またぶりこ泣かせやがって!!何したんだ?』
あなた『何もしていませんが。』
松川『ぶりこが泣いてるんだぞ!』
ぶりこ『グスッあなたさんがグスッ』
あなた『その場にあなた達はいましたか?あの子が泣いていたからなんですか?』
花巻『てめぇ』
私は胸ぐらを掴まれて宙に浮いた。
赤葦君が止めに来ようとしているのがわかった
その時とっさにストップの合図を送った。
赤葦サイド

俺はあの人が悪い人だとは思わない。

助けに行こうとしたら

ストップの合図が出た。

ほんとにこれでいいのか?

赤葦サイドEND
角名『あの。離してください。俺、見てました。』
花巻『パッ』
角名『ギュッ』
あなた『練習の邪魔なのでお引き取り下さい。^^*』
花巻『チッ』
あなた『倫ちゃんありがとう!!』
角名『だってホントのことでしょ?』
あなた『そうだね^^*だけど私もう限界に近い。すみません。ボールと第3体育館借ります。発散してきます。』
猫又『おう!行ってらっしゃい〜』
タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッ
あなた『ハァハァハァハア』
ここならいっぱい声出せるし、

発散できる!
あなた『はあーーーーー!!ムカつくーーーーー
!!なんなのあの態度!!クズめ!!ホントムカつくーーーーー!!あーーーーーーおりゃおりゃ·····』
あなた『あーーーーーーまだうち足りないーーーーー!!』
ドゴンドゴン
あなた『あ、やっべ、壁に穴空いたわサーブで18個と、普通に殴って20個はぁ。また治してもらうか、』
この状態が30分くらい続いた
あなた『フンッフンッ』
私はまだ殴り足りなくて

ずっと殴っていた。

手から血が沢山出ていた。
??『パンッ』
あなた『え?』