第63話

む。
あなた『じゃあまた後でね〜』
国見『はい!また後で!!』
飛ばします
あなた『おはようございます〜^^*』
五色『おはようございます!!』
あなた『あ、おはよう工君^^*早いね〜』
五色『ありがとうございます!!』
五色『その腫れてるのどうしたんですか?』
あなた『ああ、これ昨日カクカクシカジカ_______________』
五色『え!?いや、ほんとに大丈夫ですか!?』
あなた『あ〜うん^^*大丈夫大丈夫!!』
全員揃った
鷲匠『バス乗れ』
席順

牛島 天童 大平 山形

瀬見 あなた 白布 五色

その他、、、
あなた『コテッコテッ』
瀬見『寝てていいよ〜』
あなた『じゃあお言葉に甘えて(´-﹃-`)Zz…』
瀬見『え。神。幻が見える。カシャカシャ·····』
白布『さっきあなたさんの頬が腫れてたけどどうしたんだ?』
五色『ああ、なんかカクカクシカジカで、、、』
白布『!?は?あんな可愛い顔に何してくれてんだ!!』
五色『それは思いました!!女子の顔はダメですよ』
白布『そうだ。』
着いた
(((((*´・ω・)トコトコ
ひな『あなた様ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー美しいです』
あなた『アハハ^^*朝も聞いたよ^^*』
鷲匠『よろしくな』
あなた『はい!では案内しますので着いてきてください』
ゆあ『白鳥沢さんですね。こちらへどうぞ!!あなた様私が白鳥沢の案内しますのでほかはお願いします』
あなた『うん^^*ありがとうねー』
あなた『じゃあ私は烏野行くからまなちゃんは青城、ひなちゃんは伊達工よろしくね^^*』
2人『はい!』