無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,154
2021/08/08

第60話

永瀬廉 骨肉腫③
廉side

『Namae Osiete』の振り練習から2ヶ月後…
あの腰の温もりは次の日も治らず今日までずっと続いていて練習の1ヶ月後にはとうとう腰まで痛くなってきてメンバーに病院に行けと言われて行く行く詐欺をしているものの忙しくてまだ行ってません…あぁ…腰痛ってぇぇ…
マネージャー
永瀬さんまだ腰痛いですか?
🖤れん🖤
🖤れん🖤
まだ痛いです…1ヶ月ずっと腰痛続いてるんでそろそろ病院行った方がいいっすかね…
マネージャー
僕も一緒に付き添いますんで行きましょう
🖤れん🖤
🖤れん🖤
ありがとうございます…





病院にて


看護師『永瀬さんお入りください』
🖤れん🖤
🖤れん🖤
失礼します
医師『今日はどうされましたか?』
🖤れん🖤
🖤れん🖤
2ヶ月前からずっと腰だけやたら熱を持ってて1ヶ月前からはとうとう痛くなり始めて激しめのダンスができなくなってきちゃって…
医師『今から検査してみましょうか…お時間大丈夫ですか?』
🖤れん🖤
🖤れん🖤
はい!大丈夫です!
検査終了後

医師『永瀬さん…大変言いにくいのですが…』
🖤れん🖤
🖤れん🖤
はい…
医師『永瀬さんは骨肉腫というガンの1種の病気にかかってます』
🖤れん🖤
🖤れん🖤
が、ん…?ってあの…癌ですか…?
医師『永瀬さんの場合は今の段階ではまだ軽い方です。』
🖤れん🖤
🖤れん🖤
はぁ…
医師『重症になるのを防ぐには入院してもらわないといけないんですけども…』
🖤れん🖤
🖤れん🖤
入院、はしたくないです…メンバーに迷惑かけたくないので…
医師『分かりました…でもせめて付き添いのマネージャーさんにはお伝えください…このまま1人で抱えてるいると症状は悪化していくのみですので…』
🖤れん🖤
🖤れん🖤
分かりました…
医師『永瀬さん入院しない代わりにこれから毎月1回の定期検診をうけてください。それで病気の進行度を見ますので』
🖤れん🖤
🖤れん🖤
分かりました
医師『ではまた1ヶ月後に予約入れときますのでお越しください』
🖤れん🖤
🖤れん🖤
はい、ありがとうございました。
ガラガラ
マネージャー
どうでした…?
🖤れん🖤
🖤れん🖤
ここで話すとあれなんで車に行きましょう
マネージャー
そうですね。


🚕
🖤れん🖤
🖤れん🖤
マネさん、俺骨肉腫っていう癌の1種の病気にかかってました
マネージャー
骨、肉腫……
🖤れん🖤
🖤れん🖤
マネさん、骨肉腫についてなにかあったんですか…?
マネージャー
僕が高二のときに父が骨肉腫で他界したんです…
🖤れん🖤
🖤れん🖤
さっき骨肉腫について調べたんですけど生存率80%って書いてあって…
マネージャー
父の場合、20%の方に当てはまってしまったんですよね…
🖤れん🖤
🖤れん🖤
なんか…すいません…辛い思い出を思い出させてしまって…
マネージャー
大丈夫ですよ。永瀬さんは入院はするんですか?
🖤れん🖤
🖤れん🖤
入院はしないです。そのかわりに1ヶ月に1回の定期検診を来月から受けることになりました
マネージャー
メンバーさんにはお伝えするんですか…?
🖤れん🖤
🖤れん🖤
そのうち…今はまだ伝えないです。
マネージャー
そうですか…僕も頑張ってサポートしますね!
🖤れん🖤
🖤れん🖤
たくさん迷惑かけると思うけどお願いします🙇‍♂️












next→永瀬廉 骨肉腫④




作者
作者
アンケートの結果、学園系に決定しました!
ご協力ありがとうございました!
作品の方は近日中に公開しますのでお楽しみに!