無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

楽屋に入場〜
大我side









楽屋前、








北斗と一緒にいたから、北斗と一緒に来たよ〜







『入ろ〜』








北斗「ちょっ、待って、、」








『え?』








北斗「一緒に入ったら、なんか、言われるかと思って・・・」








『・・・ん〜、大丈夫でしょっ、!行こ〜』








俺は北斗の手を引っ張って中に入った









北斗「いや、いや、いや、まて、まて、まて、」








ガチャ







『おはよぉ』







ジェシー「あっ!大我おはよぉーってDAHAHAHAHA!」








慎太郎「なんで、北斗の手引っ張ってるの‪w」








髙地「zzZZZZ」








『あっ、あぁ、、、いやっ、ちょっとねー‪w‪w‪w』








北斗「ほらなっ、((ボソッ…」








ほくとくん!きこえてるからね!俺には!!








慎太郎「樹いなくてよかったね‪w‪w」








樹「居るよー」








『え?』








樹「ここだよっ、」







樹は北斗の後ろにいた今来たみたい・・・








樹「で、なんの話し?」









ジェシー「えっとね、大我がね、h・・・」







『あ、わぁわぁわぁ、、、!』








ジェシー「ん〜っ、んー、」








慌ててジェシーの口を手で塞いだ








樹「めちゃ気になるんだけど、、( ¯▽¯ )」








その時北斗は樹のことをずっと見ていた








NEXT▶