無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

京本の涙と俺の気持ち
北斗side









京本が何か言いたいように感じたから京本のことをずっと見てたんだ









そしたら京本が涙を流した・・・








『えっ・・・・・・』








おもわず声を出してしまった・・・








なんで、京本が泣き出したんだ?








俺何もしてないよな・・・








なんでだ・・・








『きょ、京本っ?だ、いじょうぶ、か・・・?』








大我「あっ、ごめっ、なんでもない・・・」








京本が涙を拭う








何かあるから泣いてんじゃねぇのか・・・?









『俺なんかしたか・・・?』








大我「ううん!北斗は何もしてない!^^*」








笑顔で笑いかけてくれる京本をみて好きだな・・・と感じてしまった・・・









こんなことダメなのに・・・








そんな笑顔見せられたら、、、、








大我「北斗・・・・・・」








カメラマン「じゃあ、撮りはじめますね」








大我「あっ、はい・・・」











??何言おうとしたんだ・・・?










NEXTSTORY