無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

雑誌の撮影は・・・!?

13話、14話逆になっていて分かりずらかったので消しました!🙏
ちゃんと物語は続くので大丈夫です!🙇






樹side










どうも〜田中でーす。








まぁ、はい、今日はね、雑誌の撮影の打ち合わせらしい・・・








なんだろう・・・






って思いながらスタッフさん来るの待ってマース








スタッフ「SixTONESさん、説明してもよろしいでしょうか?」








『あ、はい!』







みんなが集まった









スタッフ「今回は皆さんが考えたテーマで作っていきたいんです!」








北斗「テーマ?」








スタッフ「はい、イメージとか、衣装とかも決めてもらって構わないです。SixTONESの皆さんの好きなようにとってもらいたいんです。」








『だから今日集まったんですか?』









スタッフ「はい」








髙地「ほー」








スタッフ「再来週の金曜日に撮影なので今週の金曜日にもう一度打ち合わせをして、全て決めていく形にしていきたいんですけど・・・」






『分かりましたー』









スタッフ「では、そういうことで今日は失礼します。」








京本「ありがとうございました。」













『みんなーどうするー?』








ジェシー「自分たちで決めれるって面白いね〜」








『んね、』








『俺的にはさ〜やっぱりきょもほく!は一緒に撮ってほしー』








きょもほく「・・・・・・・・・」








慎太郎「だねだね、」








髙地「テーマはどうするー」








『うーん、』









ジェシー「やっぱり色気//じゃない!!‪w」








慎太郎「大人の色気って大事よね・・・♡♡」








髙地「なにそれ‪w‪w‪w‪w」








樹「んじゃ大人の色気!ってことで‪w‪w‪w‪w」




ジェシー「いぇーい」






きょもほく「・・・」












NEXT