無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第94話

Kiss me
大我side








家でダラダラ2人肩並べてソファに座りジェシーが出ているバラエティー番組を見ていた








北斗「大我・・・」








コテン








俺の肩に北斗の頭を乗っけてきた








『えっ、、/////ほ、北斗・・・』








北斗「ここが良い、、」








『//////////』








北斗「…zzZ」








寝てる・・・!?








可愛い寝顔・・・








顔を覗き込む








顔と顔の距離がもう、3cmぐらい、








その時







バチッ








『!!』








北斗「大我、キスしようとしたでしょ、」








『/////っ、、!んな、違うっ!!』









北斗はちゃんと起き上がって俺の方を向いた








『えっ、、、?』








北斗は目を瞑り少し顎を斜めにしてこっち側を向いている












これは、、、















キスのウェルカムサイン!?








俺、、から?









/////








北斗「Kiss me 」








北斗はずっと目を閉じ、唇を少し突き出し、顎を斜めにしてこっちを見る







//////////








これは、、、キスするっ!








『チュー』








長めに口付けしてたら舌が入ってきた








北斗「ンチュ、/////チュ・・・/////ンチュチュ/////」








『んはぁ、/////はぁ、・・・/////北斗っ、』









北斗「長くしたってことはこういうの待ってたんでしょっ!^^*( ̄▽ ̄)」








『///////////////ギュッ』








北斗「ぅわぁ、・・・/////」








これは、ひとつの照れ隠し・・・








NEXT▶