無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

TaigaKyomoto▶♡Hokuto
大我side








北斗は多分心配してくれてるんだと思う・・・









ごめんね、北斗、俺が泣いたから・・・









北斗が心配してずっと見てくれたから、なぜだか好きって気持ちを伝えたくなった・・・








『北斗・・・』








カメラマン「撮影始めますね・・・」









あっ、、、、まずいっ、言ってしまうところだった・・・








この気持ちは誰にも言えないな・・・








カメラマン「じゃあ少し、色気出すためにエッチー感じで行ってみよっか・・・」









『えっ!?』








北斗は少し間を開けてから・・・








北斗「はい、」








と答えた・・・、








どうすればいいの・・・!?









NEXTSTORY