無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

隣にいた理由
北斗side









ちゅんちゅんちゅん🐦








『んっ、ん〜・・・』








朝・・・?








俺、、ソファで寝ちゃって・・・








って、えぇっ!!?








なんで、大我が、、、








ソファに寄り添いながら大我が寝ていた








『た、大我・・・?』








大我「・・・・・・…zzZ」








京本って呼んだら起きるかな・・・←








『京本・・・』








大我「ピクッ・・・京本・・・ぃやぁ〜、、」








あっ、起きた・・・









『京本っ、、』








大我「京本やぁやっ、、」








可愛すぎでしょ








『じゃあ、起きて・・・』








大我「はいっ、起きた・・・」








『大我は、なんでここで寝てたの・・・?』








大我「んと、、、、、、…zzZ」








『京本っ、!寝ないっ!』








大我「あっ、ごめんっ、、、って京本やぁ、」








『じゃあ、ちゃんと答えて・・・なんで、ここで寝てたんですか・・・?』








大我「えっと、、俺が昨日帰ってきたら、北斗・・・が、ソファに寝てて・・・・・・」








『寝てて?』








大我「・・・・・・・・・・・・/////北斗っ、カッコイイなって思って見とれてて・・・////」








『っ、//////////』








大我「気づいたら寝ちゃってた・・・」








『んっ、、/////そっか』









大我「/////うん、、」









『今度からはちゃんとベッドに寝てよ、っ』








大我「北斗が言う?」








『あっ、あぁ、うん、、ごめんっ』








大我「いいよ〜許すっ!^^*」ギュ








/////








もぉ、そういうの、よくない・・・/////






ん?まてよ、なんで大我だけが許すとかいってんの?

NEXT▶